2011年09月27日

1週間の献立とまとめ買い

メモ用紙に1週間分の献立を必ず書きます。その隣に、それに必要な材料とだいたいの値段をメモします。予算をオーバーしないように、メニューと買ってくるものを微調整します。そして、土曜日の午前中に買い物に行って、まとめ買いをします。新聞はとっていないので、チラシでの特売品はチェック出来ませんが、スーパーで必要な物しか買わないので、予算内に収まることが多いです。買いすぎて、買った物を腐らせることがなく、ストレスがありません。

昼・うどん 夜・親子丼
昼・ピザ 夜・刺身
ハンバーグ
カレーライス
カレーライス
焼きそば
しゃけ


食べているものは、だいたい毎週こんな感じです。 平日の朝は、食パンとコーヒーのみです。お昼は夫婦共にお弁当持参です。

夫婦共に、平日は夜遅く帰ってくるので、レトルトハンバーグや作り置きしたカレーや、さっと作れる焼きそばが多くなります。パートで働いていたときは、時間に余裕があったので、手の込んだ物も作りましたが、フルタイムで働くようになり、少しレトルト食品も取り入れて、家事で自分が疲れないようにしています。土日は、外食もしますが、出かけると疲れるので、家で作って食べることの方が多いです。近所に、行きたくなるような適当なお店が無い、というのもありますが、家で食べると、お刺身なんかでも外食するよりは安あがりで美味しいです。週末には、お弁当のおかずをまとめて作り、冷凍保存しています。平日の朝には、それを詰めればよい状態にしておきます。これがけっこう大変。でも、ランチ代がもったいないので、疲れていてもがんばってしまうのです。

テレビの黄金伝説・食費1万円生活が始まる前から、こんな生活を家ではやっていました。食費を増やす余裕はあるけれど、癖になってしまっていて、なかなか止められないのです。
posted by ry at 00:00| Comment(0) | 節約生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月25日

とりあえず、1億円以上貯める方法

結婚してから、早い時点で、貯金の目標額を「1億円」と決めました。
日本人の平均寿命を考えて、定年後90歳まで、30年間生きると想定して、1億円あれば、年金制度が崩壊しても、なんとか大丈夫だろうと、思ったからだったかと思います。

貯金が1〜2億円あると、1ヶ月いくら使えるのか、表してみると

*1年間に使える額1ヶ月に使える額
1億円333.3万円27.7万円
1.5億円500万円41.6万円
2億円666万円55.5万円

こうしてみると、はたして1億円でいいのか? なんだか、1億円では少ないような気がしてきます。将来インフレが進むと考えると、やはり、1.5億円以上は欲しいと言うのが本音です。

まず、1億円貯金するには、仮に毎年500万円ずつ貯金すると、20年で貯められます。
さらに、1.5億円では500万円×30年で達成できます。ごく普通の人でも、共働きの家なら実現出来そうな感じです。貯金のピッチをもっと上げれば、もう少し早く達成出来ます。

肝心だと思うことは、人生のなるべく早い時から、計画的にやり始めることです。かつて、夫のほうは、絶対貯まるわけがない、無理だと言っていました。私はフランスの作家、ジュール・ベルヌの言葉をかりると、「人が想像できることは、実現可能である」と思っています。無駄な物への出費を減らし、節約するだけで、何のリスクもなく1億円以上貯められるのですから、やらない手は無いと思います。

1億なり1.5億なりが、貯まったところで、リタイア可能です。完全リタイアでなくても、セミリタイアして、物価上昇に備えて、少し収入を得ながら生活するのも、いいと思います。
posted by ry at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 節約生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

ガスコンロ

今家で使っているガスコンロは、私が23歳の時から20年弱使っています。就職先近くのアパートに引っ越した時、アパートの階段下に前の住人が置いていった物を、不動産屋さんに言って、貰った物です。既に中古でした。
 
大学生の時は、ワンルームで台所が狭かったので、1口コンロを使っていました。不便だなと思っていたので、2口あるのが手に入ったのでラッキーでした。
 
そして余った一口コンロは、夫が私と結婚する前に、転勤先で一人暮らしを始めるときにあげました。夫も半年の一人暮らしで、料理を結構作ったようで、そのコンロは油でベトベトギトギトになってしまいました。
 
結婚後は私の方のコンロを使っています。2口とグリルがついていますが、今では1口しか使えなくなってしまいました。1口と魚焼きグリルの方は火が付かなくなってしまいました。完全に壊れています。もう捨ててもよい状態だと思います。とにかく1口だけで料理を作っています。今のところ不便はありません。
 
引っ越しの度に、ガス屋さんが来て、ガスの使い方とか風呂の沸かし方の説明をしていきますが、いつもガス台のチェックの時に「壊れてますねぇ。」と言われます。こちらも「はい、そうなんです。」と返事をします。一向に新しく買い直す気配はありません。五徳も劣化して折れてしまったりして、交換が必要なときがありました。ゴミに出されていたガスコンロから五徳だけ拝借して、取っておいて、壊れたときに交換しました。
 
まだまだ先のことだと思いますが、最後の1口が使えなくなったら、1口で十分料理ができることが分かったので、1口コンロを買おうと思います。実家に予備のコンロがあれば買いませんけど。
posted by ry at 06:00| Comment(0) | 節約生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする