2011年10月30日

玉ねぎの皮で染める〜休日の遊び〜

20個分くらいのタマネギの皮をためておき、黄ばんでしまった服を染めてみました。休日のお楽しみ作業です。お金もかからず楽しめます。

染めた服は、ドゥファミリーのカットソーです。20年以上前に母が買ったものです。元々は薄い水色でしたが、母は気に入らなかったようで、買ってすぐに、漂白剤で白くしてしまいました。それを私が貰って着ていましたが、汗染みなどで黄ばんできてしまいあまり着なくなっていました。なかなか捨てられずとっておいた物です。

今回は2回目の染色でした。前回は媒染を使わずタマネギの皮を煮出した液体につけただけだったので、うっすらベージュになっただけでした。今回は、みょうばんを媒染に使用したので、かなり黄色くなりました。方法は簡単です。まずタマネギの皮をタマネギが入っていたネットに入れて、水で煮出します。皮は取り出してから、その液体に染めたい物を投入し、しばらく放置。服を取り出します。みょうばんを水に入れて溶かしたところへ服を入れます。その後水洗いし乾かします。


玉ねぎ染め 玉ねぎ染め
タグ:玉ねぎ染め
posted by ry at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 節約生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

ペットボトルは何度も使用

ペットボトルはすぐにゴミの資源回収に出しません。

家ではペットボトル飲料を買うこと自体が少ないです。どこで手に入れてくるかといえば、夫が仕事で会議の時に出されるペットボトルのお茶飲料を持ち帰ってくるのです。会議中は司会進行をやっていて、4時間くらいトイレに行けないので、飲み物は出されても飲まないようにしているそうです。そうして手に入れたペットボトルは、中身を飲んでから洗って乾かします。それに自宅で水出しした麦茶を入れておきます。毎日夫はそれを持って仕事に行きます。夫が麦茶が大好きなので、一年中ほとんど毎日麦茶を作っています。私は空のペットボトルを職場に持っていって、浄水器(職場の蛇口についている)を通した水道水を入れて飲んでいます。家から水を入れていってもいいのですが、バッグが重たくなるので職場で汲んでいます。外で飲み物を買えば100円や150円くらいしてしまうので節約になります。麦茶の作り方はためしてガッテンでやっていたのを参考にして作っています。麦茶パックをカップ1杯くらいの熱湯に10分間浸したものを、水に投入し1時間以上放置するとおいしい麦茶が出来ます。ティーバッグを水に入れてから沸騰させるようなことはしません。ぐらぐら煮出してしまうと雑味が出てしまうそうです。ガス代の節約にもなります。パック1つで2リットルくらい作ってしまうので、かなり薄いのですが、自分達で飲む分なのでそれで十分です。

ペットボトルは実際には何回再使用しているのか数えていないので分かりません。通常は水洗いですが、週に1回くらいは漂白剤を数滴入れて消毒しています。そうすると長持ちするみたいです。ペットボトルを洗うスポンジなどは所有してません。捨て時は貯まりすぎて場所をとるようになったらで資源回収に出すようにしています。

本で読んだのですが、ドイツではペットボトルを回収してから洗浄して、また飲み物を入れて売っているらしく、さすが日本とはやることが違うなと感心しました。日本は資源回収しても別な製品に作り変えるので、資源としての寿命が短いと思います。


ペットボトル再使用
posted by ry at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 節約生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

ミントンのカップ&ソーサー

このミントンのカップ&ソーサーは1客6000円くらいのようです。(ネットで買うと4000円くらいにディスカウントされるようですが。)

これも、もちろんゴミに出してあった物です。2客捨てられていてひび割れは無し。糸尻が汚れていましたが漂白剤につけてきれいにしました。こういうのはゴミに出されてからすぐに持ち帰らないといつか割られてしまいます。こういう高級食器を自分でそろえたりする趣味は無いのですが、もったいないし、柄が素敵なので拾って使っています。土日の朝、時間がある時は、これでコーヒーを飲んでいます。夫も私の真似をしています。拾ったものですがミントンなので雰囲気は良いです。平日は、いとこに貰ったHakuba(白馬)と書かれたお土産の(30年くらい前に貰ってから、あまり使っていなかった)コーヒーカップで飲んでいます。

不況とはいえ、日本人は次々と物を買っては捨て、また買っては捨てることを繰り返す人がすごく多いと思います。使い捨てにもほどがある。捨てられれば高い物でも、100円ショップの食器でも、同じゴミです。そのゴミ処理には、自分が払っている税金が使われてしまうのですからいやになります。

断捨離なんていっているけど、物を捨てて家にスペースができるから、また新しく買ってしまうのではないのかと疑問です。捨てるのを止め、自分は物をいっぱい持っているから、もう何も買う必要はない、と考えかたを変えることは無理なのでしょうか。家の中が片付いても、ゴミ処分場が悲鳴を上げるのではないでしょうか? 食器は飽きても割れるまで使い、服は流行遅れになっても着続け、最後はぞうきんにしたり、それでも余るようなら行政の衣類回収に回し無駄にしない。そういう生活をしたいと思うようになりました。たまに、家の前に使わなくなった食器や生活用品を置いて、「ご自由にどうぞ」と書いておいてあるのを見かけるのですが、個人が出来るベストな方法だと思います。不要品のリサイクルを自治体に求めると、経費がかかるでしょうから税金を使われるのでよろしくない。

「物を捨てる=自分のお金を捨てる」ことなので、私は、壊れるまで新しい物は買わないようにしています。あるいは壊れていてもそのまま使うので、買わないかのどちらかです。

ミントンのカップ&ソーサー
posted by ry at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 節約生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする