2011年11月30日

ランチ代の節約〜弁当持参〜

お昼用にお弁当を作るのをやめたら、1ヶ月で2人で2万円以上かかってしまいます。なので、お弁当作りは止められません。

お弁当のメニューは1週間同じです。1週間どころか、1年中同じ物を食べています。夕食のメニューを考えるのだって一仕事なのですから、お弁当のおかずを考えることまでやってられません。栄養のバランスが悪いとか言っていられません。外食したってバランスが良いわけではないと思います。

おかずは高野豆腐の豚肉巻き(味付けは生姜焼き風、日曜日にまとめて作り冷凍) 、茹でたジャガイモ(前は冷凍里芋を使用していたが値段が高くなりジャガイモに変更)、冷凍インゲンの醤油あえ、卵焼きかゆで卵です。朝起きて弁当箱に詰めるだけで10分あれば2人分完成です。

夫の弁当箱はよく壊れるので、最近は100円ショップの物を使用しています。私はタッパーウェアが弁当箱代わりです。飲み物は夫は水出し麦茶をペットボトルへ入れて持って行きます。私は職場で水道水をペットボトルに入れて飲んでいます。

世のお父さん方は自分の小遣いからランチ代を出しているのだと思いますが、家では弁当持参のため、夫は余ったお小遣いを貯金しています。ある程度貯まると、パソコンを買ったりしています。

節約弁当
写真のメニューは今回だけ特別に変更して、豚肉とタマネギのケチャップ炒め・大根のレンジ煮・インゲン・ゆで卵です。
posted by ry at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 節約生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

休日の過ごし方

夫婦共に土日が休日ですがあまり出かけることはありません。1週間分の食材をスーパーと八百屋へ買いに行き、洗濯と掃除、平日用のお弁当のおかずを作ることがメインの作業で2日が終わります。

外出というほどの所ではないのですが、図書館へはよく行きます。きれいな図書館なので、いつも混んでいます。図書館のような公共の場所が混雑しているのを見ると、いつも世の中不景気なんだなと思います。お金をかけてどこかへ遊びに行く人が減っているのでしょう。無料で本やDVDやCDが借りられるので、余暇を過ごすには最適の場所です。私は本はよほどのことが無い限り買いません。仕事上必要な本をまれに買うだけです。引っ越しの多い家では、荷造りの時に本だけでうんざりする量になったことがあるので、以来買わないことに決めています。徐々に処分したので、今は本当に必要な本のみ残っている状態です。夫はたまに買いたい本があるようですが、それでも1年に1冊買うか買わないかです。ほとんどは図書館の雑誌を読んで終わりです。

たまに3連休があっても、休みに入る前はどこかへ外食に行こうなどと話していたりするのですが、実際休日になると、日頃の疲れがたまっていて、思うように外出が出来ません。夫の職場の同僚も、休日は疲れを取るために寝て終わるらしく、お金を使う暇がないと言っている人もいるそうです。体力をもてあますほど楽な仕事では無いので、まったくそれに同感です。休みの日はどこへ行ったとか映画を観てきたとか言っている人もいますが、よくそんな体力があるなと感心するというよりも、平日手抜きして仕事しているんじゃないかと疑いたくなります。

私達夫婦が行きたいお店は、梅ヶ丘の寿司の美登利と、目黒にある豚カツ屋のとんきくらいしかありません。2件とも人気のお店でいつも行列が出来ています。美登利の方は外で並ぶので、寒い時期は行かないようにしています。風邪でもひいたら大変です。仕事は休めないので自分がきつくなるだけです。とんきの方はお店の中で椅子で待つので季節は問わずに行けますが、4時の開店に合わせて行った方が待ち時間は少なそうです。月1回は行きたいと思っているのですが、なかなか行けずじまいです。
posted by ry at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 節約生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

炊飯器でパン生地&ピザ生地作り

休日はお昼か夜にピザを作ることが多いです。

元々パン作りをしていたので、生地作りは同じ要領なので簡単に作れます。ただし、オーブンがないのでフライパンで焼きます。以前はホームベーカリーを持っていましたが、壊れてたので処分してしまいました。そろそろ引っ越しがありそうなので荷物を増やしたくないため、新しく買っていません。私が作る1回の小麦粉の量は200gなので、手でこねてもさほど負担ではありません。 発酵の温度管理は難しいですが、長年の勘に頼り、炊飯器の保温機能を利用して発酵させています。15分くらい保温して、その後スイッチを切り、1〜2時間くらい放置して発酵させます。その日の気温や天気により発酵はまちまちですが、ふわふわにふくらみます。ピザの場合、発酵した生地を2等分して、綿棒と手で平たくのばし、ピザソースの代わりにケチャップを塗り、タマネギのみじん切り、ハム、コーン、ゆで卵、マヨネーズ、チーズをのせてフライパンにフタをして超弱火で裏面に焦げ目がつくまで、7〜8分焼きます。上面に焦げ目はつきませんが、味はGoodです。夫は「オーブンを買ってやる」としつこく言うのですが、毎回いらないと返事をしています。夫はオーブンがあればいろいろ美味しい物を作ってもらえると思っているようです。

実は、家の炊飯器はタイマーの電池切れで、タイマー機能が使えなくなっているからか、不燃ゴミに捨てられていたものを、救出してきておいたものです。前に使っていた炊飯器(親の持っているアパートの住人が置いていった物で、実家にあった物)が、とうとうスイッチが入らなくなり壊れたので処分してから使い出しました。タイマーが無いのは不便ですが、ご飯は炊けるので、よしとして使っています。

内臓式電池切れで炊飯器を処分する人は多いと思います。メーカーには改善して欲しいと思うのですが、そんなことをしたら新しい物を買ってもらえなくなるので無理でしょうけど。

炊飯器でピザ生地作り  フライパンでピザ
posted by ry at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 節約生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

夕食

スーパーで生鮭の切り身が20%引きだったので買い、ムニエルにして食べました。2人前270円くらいです。塩・コショウで下味をつけ、小麦粉をつけてフライパンで焼くだけの簡単料理です。付け合わせは白菜の千切り(これはTVの食費1万円生活のレシピ本から得たアイディア)です。 葉物野菜を何種類も在庫しておきたくないので、この時期は白菜のサラダが付け合わせになることが多いです。

夫は魚が好きな方ではないので、メニューに登場するのは週1回がやっとです。しかも皮は食べません。骨も大の苦手で、食べ終わった後は骨に沢山身がついたまま残ります。それを私がきれいに食べてしまいます。私が魚を食べると「猫ですら食べるところが無い」と親によく言われます。

いつもの食事はこれくらい簡単な物しか作りません。メイン1つのみです。品数を多く作っても、夫も食べませんので無駄になります。土日のみ韓国産の激安発泡酒を飲みます。夫は平日帰りが遅いのでアルコールを飲みません。

話は変わりますが、健康診断の結果は最悪でした。BMIが16.5で痩せすぎなのに、総コレステロール値が230くらいと高めで、ヘマトクリット値は46.5くらいあり血液がドロドロだそうです。ヘマトクリット値は毎年これくらい高いのですが、理由は脱水やアドレナリンが多いと高くなるとのことでした。確かに、むくみで足が痛くなるのが嫌で、あまり水を飲まないようにしています。太るため食べるべきか、コレステロールを下げるためダイエットすべきか悩ましいですが、医師からは「とりあえずBMIを18.5くらいにしましょう!」と言われました。痩せすぎだと骨粗鬆症などが心配です。

サケのムニエル
posted by ry at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

化粧品は買わない。

最近5年くらい化粧品を買っていません。最後に買ったのは2005年頃、100円ショップのリキッドファンデーションです。もう残っていませんが。

最初に化粧品を持ったのは大学生の時です。入学式が終わってしばらくしてから、女子寮のダンスパーティーがあり強制的に出席させられました。それに行くのに、周りを見ていると、どうも化粧品が必要らしいということが分かり、親に適当に選んでもらって宅急便で送ってもらったのでした。

そらからも化粧品には興味は全くなく、適当にファンデーションと眉ずみと口紅くらいを適当に塗っていました。口紅などは、海外旅行に行った人からお土産で貰うことが多く、自分では買わずに済んでいます。また、両親の持っているアパートから退去する人も、部屋に置いて出ていくので、そこから使えそうな物は貰って使用しています。たぶん一生買わなくて済むくらいKEEPしてありますから新たに買う予定もまだまだありません。

最近もファンデーションが大量に置いて行かれたので、外をきれいに拭いて使っています。化粧品も使用期限がありますが、気にせず使っています。化粧品のような細々した物は、引っ越しの時にまとめて処分する人が多いのです。

アイブローはほとんど捨てられることはないので、何か使える物はないか考えた末、4Bの鉛筆があったので、それで眉を書いています。まあまあうまくいっています。この鉛筆も学生時代の物が残っているのでこれからも続けて利用すると思います。

マスカラは海外旅行のお土産で貰うことがたまにありますが、これは夫から不評なので、使用していません。まつげにぼてぼてと黒いのを付けるのは気持ち悪いそうです。貰った時はオークションに出品しています。

マニキュアも大量に置いて行かれたのでとってあります。もともと頻繁に使う方ではないので、減りませんがたまに気が向くと塗ったりしています。

仕事に行くときは化粧をしていきますが、休日は誰かに会ったりするわけではないので、日焼け止めのみで化粧はしません。
posted by ry at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 節約生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

子供の頃の買わない思い出。

子供の頃の記憶では、家は貧乏だったと思います。

後で知ったのですが、父の勤めていた会社が倒産し仕事をしていなかった時期がありました。そのときは、まだ小さかったのでそのことは理解していませんでした。父は家にいるとき、なぜか中国語の勉強をしていました。小学校で父親の仕事は何か答える宿題があり、答えを書く欄に中国語の勉強をしているというようなことを書いたことがあります。それが仕事だと勘違いしていたのです。その後中国語が出来るようになったわけではありません。

私が小学生に上がった時、母は家にあった鉛筆を寄せ集めて、筆箱に入れて用意してくれたようです。長さも色柄もバラバラでしたが筆箱はかろうじて新品でした。消しゴムも新品ではありませんでした。他の子達のものは、新しい削りたての子供らしい絵の付いた鉛筆が筆箱に入っていました。自分の物と比べるとギャップがありました。こんなことを今まで覚えているということは、子供ながら多少のインパクトがあったのだと思います。

夏には水泳の授業があったのですが、私の母はスクール水着を買いませんでした。幼稚園の時に着ていた赤い水着がまだ着られたからだったと思います。小学校の先生に話しをつけておいたらしく、私は皆と違う赤い水着を着てプールに入っていましたが、特に何も言われることはありませんでした。子供心にも、周りと違う水着だったので恥ずかしい気はしました。だからといってスクール水着を買ってくれと言った覚えはありません。またそのことで周囲から何かを言われたということもありませんでした。お金がないからそうしているとも感じませんでした。今考えると、小学校の先生もよくそれを許可してくれたなあと思います。当然成長しますから、2年生の夏にはスクール水着を着てプールに入っています。

フランスを旅行した時の添乗員さんに聞いた話によると、フランスで子供の体育の授業で着る体育着という物はなく、Tシャツとお父さんのトランクスを持って来る子供もいるということでした。何を着てもよいそうです。 私の場合そういう自由さからではなかったと思いますが。家に使える物があったから、あるいはあまりお金が無かったからかもしれません。私も母の精神を受け継いでるとこりがあります。

私が中学生になったころには、家の商売は順調だったらしく他の家の子供と比べても物質的に見劣りしないようになっていたと思います。さらに中学2年生の冬には、木造土壁のボロ家を立て直して新築の家に住むようになり、はっきり暮らし向きが変わった気がします。
posted by ry at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 節約生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする