2013年07月28日

小さいけれどゴーヤを収穫。

なかなか大きく育たないため小さいけれど思い切って収穫しました。
この大きさが成長の限界なのかな。
ごま油で炒めて塩コショウで味付けしてお弁当に利用しようと思います。
少しでも自宅で採れるものがあると楽しい。

小さいゴーヤ。。


金曜のお弁当はこんな感じでした。常にこんな感じで質素。
黒豆をゆでたもの、高野豆腐の肉巻き、ゴーヤの炒めたもの、ジャガイモの煮物、冷凍食品白身魚のタルタルとから揚げという内容。
ゴーヤ弁当。。

八百屋に買い物に行ったら立派なゴーヤが2本で104円と激安でした。迷わず購入し夕食のおかずにしました。ゴーヤが食べられるようになったのは昨年から。それまでは苦味が苦手で食べませんでしたが突然ゴーヤの美味しさに開眼。
posted by ry at 20:40| ベランダ栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

化粧品について思うこと。

化粧品や基礎化粧品は買わないのですか?というご質問がありましたので、ささやかな私の化粧品についてお答えしなければと思います。

法律上、化粧品とは人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪をすこやかに保つためのものであり、人体に対する作用が緩和なものをいいます。

「化粧品は人体に対する作用が緩和なもの」でなければならないので、何か強い効果がある物質を入れて作ってはいけないことになっています。逆に何かの効果があるとうたっているものは化粧品ではありません。効果をうたってよいものは医薬品になります。

私は「人体に対する作用が緩和」ということは効果はないのだろうくらいに思っているため、何の意味の無いものを買いたくないので基礎化粧品は買わないつもりでいます。かろうじて言えばグリセリンで保湿が出来るとは思います。しかし私は薄めたグリセリンですらべたべたして付ける気にはなりません。

仕事をしているため化粧はマナーとして必要かなと思うのでしていきますが、本心は化粧は面倒なのでしたくないなぁと思っています。男の人がうらやましい。と屁理屈を言ってもしかたないけれど。化粧品は前回いつ自分で購入したのかすぐに答えられないくらい購入頻度が低いです。ファンデーションをダイソーで7年くらい前に買ったのが最後だと思います。

今使用しているもの。
ファンデーションは親所有の貸しアパートの退去者が置いていった(捨てていった)化粧下地と勤務先の社長の韓国土産のBBクリームを混合してつけている。まだお土産の別のBBクリームがあるのであと何年ももちそうです。パウダーファンデーションとアイブローは同じく人が部屋に置いていったものを使用しているけど、パウダーファンデーションは無ければ使用しないし、アイブローは100円ショップのものでいいと思っています。口紅はもらい物などたくさん持っているが基本つけない。気が向くと塗ります。

私の化粧は基本的にファンデーション塗って、眉描いて終わりです。自分で買うとしたら一番安いファンデーションとペンシルタイプのアイブローくらいです。

基礎化粧品は自分で買ったことはありません。親から貰ってしまったり、外国(韓国)のお土産で貰ったりすることはありますがそれも基本的に使いません。たまにつけてみてもべたべたして気持ちが悪くすぐに洗い流してしまいます。肌質が乾燥もしていなければオイリー肌でもないため、石鹸(超安いもの、3個で105円。洗顔料すら持っていない。)で洗顔後、表皮の油分が取れても自然と皮膚から必要な油分が分泌されてしっとりする皮膚サイクルが出来ているような気がします。したがって特別何もしていないということです。

化粧品会社もあの手この手でいかにも効果がありそうな商品を宣伝して売っていますが、どう考えても皮膚から吸収されないのではという物が入っているような気がしますが気のせいでしょうか。自分は買わないので調べるつもりもないのですが、ビタミンCとかヒアルロン酸などが本当に皮膚から吸収されるの?と疑問です。

ご質問してくださった方には、あまり参考になることがなくて申し訳ないです。
私が常日頃思っていることは以上のようなことです。

質素な化粧品
posted by ry at 09:16| Comment(2) | 節約生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月20日

ベランダ菜園ゴーヤの様子。

昨年ゴーヤを買って食べたときに種をとっておき今年の5月に種まきをしました。
うまく成長しないとつまらないと思い、苗も1つだけ買いました。
種まきした方はツルがそれほど伸びないうちから、実が付きだしましたが、買った苗のほうはツルがぐんぐん伸びるものの雄花ばかり咲き、雌花がなかなか咲きませんでした。
7月に入り実が少しずつ大きくなりました。
売っているような立派なものではなくその1/5程度の大きさのものしか出来ません。
1つは既に収穫しゴーヤチャンプルーにして食べました。味は普通のゴーヤでした。

栽培するにあたり購入したものは、苗1つ(48円!!)とプランター用の土2袋で合計1,000円くらいの出費。
ネットは買わずに、ビニール紐を雨どいの排水官の金具の部分に引っ掛けたり、ベランダの壁のボルト部分に引っ掛けてそれらしく作成。プランターも買わず毎年使いまわしている発泡スチロールを使用。大き目のプランターが良いそうだが、買いに行くことも面倒だしうまく育つか分からないものにお金をかけたくないので元々買う気もない。
他の家のベランダにもゴーヤを育てているところがあり下から眺めてみるが、立派なゴーヤカーテンになっている所は無い様子。おそらくプランターが小さいため十分な栄養が行き渡らず貧相な状態になっているらしい。やはり植物も人間と同じく栄養が大事ですね。

GEDC0001.JPG GEDC0004.JPG GEDC0005.JPG
左が買った苗。中央が種から栽培したもの。右はこぼれダネから勝手に発芽したミニトマト。

GEDC0006.JPG
まだまだ小さいです。

昨年からゴーヤ栽培を楽しみにしてきましたが、じゃんじゃん収穫できるという雰囲気ではありません。
野菜の生育には良い土でないとうまくいかないと実感。やはり買って食べたほうが早いです。
投資1000円が回収できるほど収穫出来なさそうです。
posted by ry at 15:34| Comment(1) | ベランダ栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする