2016年02月10日

読書。

新・沖縄ノート 沖縄よ、甘えるな!というちょっと過激なタイトルの本を読みました。

引用
例年、平均1千600億億円の一括交付金
〜略〜
政府はこういう沖縄県に対し、振興予算(補助金)を徒に増額しつつ地域振興プランを提示するなど、懐柔策を手当り次第に実行している。ところが、県および那覇市は国民の血税を県民福祉に費やすどころか、親中のモニュメント建設へ充てているのだ。
翁長雄志県知事とその意志を汲む城間幹子那覇市長は、市内フェリーバースと空港へのアクセス道路に面する交差点に、約3億3千万円をかけて一対の龍柱建設に着手している、また一昨年、16億円の公費をもって孔子廟を誘致竣工させている。いずれも、中国の臣下を示すデザインが施されているのだ。

もしかして沖縄は日本から離れて、中国になりたいのか? まさかそんなことは無いと思うけど。

引用
沖縄県民の特性を理解せよ
沖縄では、防衛省が負担軽減のため、また地主の要望により米軍用地を返還しようとすると、地主が基地返還反対運動に転じる。
現職首長で「あらゆる米軍基地に反対する」と宣言した稲嶺進名護市長でさえ近年では基地返還に反対するようになっている。平成23年9月8日、名護市が所有する金武町キャンプ・ハンセン内、山の斜面120ヘクタールの変換を防衛省が発表したところ、市長は明確に「返還反対」を表明し、継続使用を防衛省に懇願した。理由は「地料が市内行政区の運営資金に使われていて、返還されれば資金不足に陥る」とのことだった。この土地は年間2億円の借地料が防衛省から名護市に支払われているのだ。

結局、返還してほしいのか、ほしくないのかどっちなのだろう?
やはり、返還されると地代などのお金がもらえなくなるから嫌なのだろうか?




もし米軍基地が沖縄から無くなるようなことがあると、万一、中国や北朝鮮その他が攻撃してきたら怖いと思ってしまうのが関東に住んでいる私の実感。
posted by ry at 10:10| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする