2016年02月10日

読書。

新・沖縄ノート 沖縄よ、甘えるな!というちょっと過激なタイトルの本を読みました。

引用
例年、平均1千600億億円の一括交付金
〜略〜
政府はこういう沖縄県に対し、振興予算(補助金)を徒に増額しつつ地域振興プランを提示するなど、懐柔策を手当り次第に実行している。ところが、県および那覇市は国民の血税を県民福祉に費やすどころか、親中のモニュメント建設へ充てているのだ。
翁長雄志県知事とその意志を汲む城間幹子那覇市長は、市内フェリーバースと空港へのアクセス道路に面する交差点に、約3億3千万円をかけて一対の龍柱建設に着手している、また一昨年、16億円の公費をもって孔子廟を誘致竣工させている。いずれも、中国の臣下を示すデザインが施されているのだ。

もしかして沖縄は日本から離れて、中国になりたいのか? まさかそんなことは無いと思うけど。

引用
沖縄県民の特性を理解せよ
沖縄では、防衛省が負担軽減のため、また地主の要望により米軍用地を返還しようとすると、地主が基地返還反対運動に転じる。
現職首長で「あらゆる米軍基地に反対する」と宣言した稲嶺進名護市長でさえ近年では基地返還に反対するようになっている。平成23年9月8日、名護市が所有する金武町キャンプ・ハンセン内、山の斜面120ヘクタールの変換を防衛省が発表したところ、市長は明確に「返還反対」を表明し、継続使用を防衛省に懇願した。理由は「地料が市内行政区の運営資金に使われていて、返還されれば資金不足に陥る」とのことだった。この土地は年間2億円の借地料が防衛省から名護市に支払われているのだ。

結局、返還してほしいのか、ほしくないのかどっちなのだろう?
やはり、返還されると地代などのお金がもらえなくなるから嫌なのだろうか?




もし米軍基地が沖縄から無くなるようなことがあると、万一、中国や北朝鮮その他が攻撃してきたら怖いと思ってしまうのが関東に住んでいる私の実感。
posted by ry at 10:10| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

読書。

少し前に徳田虎雄のことを書いたトラオという本を読んだら、どういう人なのか気になったので本人の著書を読んでみた。1992年出版の本で図書館の保存庫においてあったらしく相当古い本のよう。

まずは「母の力」という本。
お母さんは本当によく働く人だったそう。それでトラオも勉強を一生懸命するようにならざるをえなかった。やはり近くに頑張る人がいると、自分もがんばろうという気持ちになるよね。
オススメの一冊。

posted by ry at 00:00| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

読書記録。

週末に読んだ本です。

ききがたり『ときをためる暮らし』 つばた英子・つばたしゅういち



前からちょっと気になっていた本でした。自宅に雑木林を作り、キッチンガーデンでいろいろな野菜や果物を作り豊かな生活を送っている老夫婦(ご主人が87歳、奥さんが84歳)の生活について書かれています。一気に読んでしまいました。

つばた家の雑木林とキッチンガーデンの見取り図のページがあるのですが、自分も真似したい!と心が躍るようなお庭なのです。(私にはこのような土地も、家もないのに。)

大麦を栽培して脱穀し中華なべで焙煎して麦茶作りをされていてるのですが、これも真似したいと思うようなもの。

またご主人のしゅういちさんもイイことを言っています。
以下だいたいの引用です。
ヨーロッパで初めてキッチンガーデンを知ったそうで、9割の人が庭なしマンションに住みながら、ドイツのフランクフルトのような大都市でも「クラインガルテン」(市民農園)を持っているそうです。
元々は産業革命期に失業対策事業を兼ねて市民の手で開墾させた農園から始まったとのこと。
ロシアでも「ダーチャ」(自家菜園)を持ち、一人一人の暮らしを安定させていたから激動の時代を切り抜けてこられたのだとのこと。
ヨーロッパでは耕す庭が欲しいといえば、年金・福祉に続く第三番目の社会保障制度として、その庭を提供してくれることが約束されているとのこと。

実のところ、お金なんて、ものすごく脆弱なものなんですよ。紙切れなんですから。ほんとは政府が土地を作り出して、庶民にプレゼントするべきなんですよ。土地を押さえて再配分してやるとかね。現実にはならないでしょうね、あくまでこれは理想論であってね。どういう形で自分の庭を取り戻していくかは、それぞれが考えるしかないです。
引用終わり

年金も平等になるように運営が継続できるなら、続ければよいと思いますけれど、どう考えても今後うまくいくようには思えません。確かにしゅういちさんが言う様に、年金というお金ではなく土地を配分し各自が食べ物だけでも作れるように整備してくれるといいかも知れません。そういうことを言う政治家が出てきたら1票投票したいですね。このつばたさんご夫婦のように、自宅の庭に家庭菜園を作り食べ物を自給することが出来れば、老後年金が無くなったり減額されても生きていけるような気がします。お金よりも、キッチンガーデンをやるための土地を配分するというアイディアはすばらしいと思いました。しかし、何でも国に期待するのは良くないと思いますので、私は自力でやろうと思います。また、年金、介護保険、医療など何でも国になんとかしてもらおうとするのは、期待しすぎだろうと思っています。

また奥さんの英子さんは、娘さんたちに毎月2回ほど野菜や手作りの保存食を宅急便で送っているそうです。仕事をしていまの人達は忙しそうだからと、おじいちゃん、おばあちゃんがサポートすると言っています。テレビでは高齢者は年金が減らされると非常に困るというところばかり報道していますが、実際はつばたさんのように娘さんに援助している方も多いのではと思います。私の母も時々何か送ってくれますし。
posted by ry at 09:22| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする